9月の進捗

とりあえず特殊差分系を除けば最後のイベントを作れる最低限の素材が揃ったので、来月にはゲーム画面で紹介できれば。守り人編だけでも今年中に通しで遊べる状態に持っていきたかったけど……うーん。ウェブの方はやはりキビシイので、ちょっと過ぎてしまいそうですが公開二年目&DLお礼のイラストだけは!(゚Д゚)ノ



オブシディア。守り人編での通常グラ。まだ光の使い手になっていないので塔の魔道士の制服の上からアグニの従者のマントを羽織りチグハグな恰好に。獣皮は野蛮人の象徴としてギルドでは恰好の揶揄の対象になってしまっているため着たくないんだけど、立場上嫌々着ています。


本編の差し替え。追加でも後半イベントで使います。マントデザインは去年の冬に描いたものを参照に。元はアメコミのSPAWNみたいなイメージだったのですが描くたびに有機物化。昆虫モチーフを入れたのはアドラールがそれなため。


カリス。下の追加だけの予定だったのですがバーンを描き直すならもう全員新しく描いちゃおうと。デザインは古い立ち絵と全身絵の折衷。メインキャラなのに髪や瞳の色を決めていなくて、金だったり茶だったりでバラバラだったのでこれを機にアッシュブロンドにヘーゼルに!


ハーフヴォイドVer。特殊差分ではないです。正直盛りすぎちゃった感があるのですが大丈夫かなこれ……。イアイア系の海鮮値というか不気味さは抑えつつも虚無の眷属っぽくなるようにした……つもり。


マクスウェル。寝巻。デザインは以前描いた塔の魔道士三人のイラストより。あまり表情が動かないキャラですがそれでも差分がだいぶ増えました。

エピローグで必要なため後でマクスウェルを足すかも。足しました。絵が変わり以前より書き込みが多くなったため、縮小時の潰れを軽減するためにサイズの調整を検討中。少し表示サイズが大きくなるかもしれません。

自分ではそんなに絵が変わったようには思ってなかったのですが、さすがに三年以上経つと細かい部分も含めかなり変わっていましたね~。絵柄的に少しでもとっつきやすくなっているといいなあ。

オマケ

ゲーム画面はこんな感じに。UI関係もいじってます。
スポンサーサイト

8月の進捗

バーンvsメイガスロード!ここが終わればラスト直行……なのですがナーラウェン関連のEVがすっぽり抜けているため全然完成じゃない\(^o^)/さらに終盤のイベントを作るには古い台本を推敲する以外にも後回しにしていた立ち絵が怒涛の勢いで必要になってくるため、来月はグラフィック関係の紹介+αになりそうです(余裕があればウェブサイトのトップも……)









オマケ


見習い魔道士こと魔人王メイガスロード。本編の主人公(プレイヤー)と区別するためかなり幼いデザインにしています。ウィズメイズは主人公=プレイヤーのゲームのため彼(女)はAルートの主人公とはまったくの別人です。容姿は見習いオードに近く、ダボダボの制服を着た痩せて小さい子どもというイメージ。



さらにオマケ。特殊差分です。こういうのがあると一気に画面が華やかになるのですが画力&労力的には一人、一~二枚が限度かなあ……(;´Д`)彼(女)だけはもう二枚ほど足す予定。主人公特権!

7月の進捗

六月中に終わらせる予定だったカリス関係のイベントが半分もできてないためひたすら作っていました(;´Д`)
大きく三つに分岐→共通イベントへという流れなのですがこの分岐がひとつしかできてない!
ここが終われば一本道で楽になるのですが、さすがに同じ場所、同じキャラでイベントばかり半年近く作っているとあきてくるので虫食いでもいいので先に通しで遊べるものに持っていきたいですね……。
早くナーラウェンも出してあげたいけど、たぶん来月は、台本ができているバーンvs主人公になりそうです。ラストまでの道のりは遠し。


マクスウェルとのイベントをすべて見ている場合、出合頭大ゲンカに……。


彼曰く自分の性格が"良い"ものではないことは理解しているらしいが……。





似たようなSSばかりなのでたまにはマップなど。
帝都ハイタウン。作中では戦場と化します。


---

オマケ

アナログ。ワイン派vsエール派(+ミード派)

6月の進捗

まずは以前一月に一度大まかな方針を立てたのですが約半年弱、実際に作り始めて感じたこと。

「これ本当に今年中には終わるのか!!??⊂⌒~⊃。Д。)⊃」

というのも夏前(今である……)に追加シナリオ二本通しに持っていきたいみたいなことを書いているのですが、現実はようやく最優先事項の「帝都の守り人編」が半分終わったところ……。
一体何を以てして夏前に終わると考えていたのか不明ですが先の見通しと計画性のなさは本編作成時からなので、私自身のどうしようもない部分なのかもしれません(;´Д`)
とりあえず作ってはいますので、もし楽しみにしてくださっている方がいらっしゃいましたら気長~にお待ちいただけると幸いです;つД`)

今回は前書いていたカリス関係のイベントがまだ途中なのでちょっとした小ネタを。来月にはナーラウェン&コールニクスを出してあげたいけどどうかな……。


カリスの新作「バハールの黒鷹」。何やらオブシディアを題材にした作品らしいが……。




困ったポエムだった。


それでも冷静に分析する……。

5月の進捗

本編でもある書籍の作者としてちらっと出てきた魔道士アリゼ・ロベール(ドットは仮置き)
破壊と幻惑魔法に関して天賦の才を持つ彼女ですが目的のためならば手段を選ばぬ過激な性格が災いし、いまだ一魔道士に留まっている模様。彼女はその理由を己の"血"にあると思い込んでいるようですが……。
「帝都の守り人編」は大きく現実世界と真理界(架空)でのイベントに分かれますがようやく前者が一区切りつきそうなのでこの調子でまったり作っていきたいと思います。現実世界最後の山場は「カリスとの対話」になります。今までの行動で会話がかなり分岐するため6月中に仕上げられればいいかなあと。


カリスを"お師匠様"と慕いあの手この手で弟子入りを目論んでいるようだが……。


フィンカイラ人はとある領域と近しい関係を持つという"噂"のため学院での立場は悪い。


おまけ

制服の色は見習いが赤、一般魔道士が青、上級魔道士が緑となっています。
追記:2017/9 少し立ち絵を修正しました。